実際に体験をしてみてどうだったか?
よかったこと、大変だったこと。率直な声が寄せられています。
「来る前は本当に不安でした。ただ、実際に日本に来たら、組合の人たちがいろいろ親切にしていただき細かい所まで考えてくれて、印象が変わりました。実際に大阪城などにも訪問等して日本を更に知ることが出来ました。職場で日本のかたたちと一緒にいると、毎日が勉強ですが、同時に日本の文化習慣、日本人の考え方も知ることになります。
日本での研修は、私の人生としてすごくいい経験で、自分の人生を発展向上するためには日本にいる間どんな小さな事でもがんばれると思います。」

実際に体験をしてみてどうだったか?
よかったこと、大変だったこと。率直な声が寄せられています。


粘り強く責任感をもって頑張る姿をみて、受入企業の人たちも仕事に対する気持ちを教えてもらってます。
  • 明るくまじめですし、性格もいいので職場の人たちとの協調性や仕事でのコミュニケーションもよく取れて作業がはかどります。
日本の生活や文化によく即応し理解を深めて溶け込むよう心がけて努力しています。
≪明るく・勤勉・まじめ・お茶目な面がタップリ・人懐っこい≫
言葉の問題が特に重要ですが、一緒に働く中で入国後しばらくするとそれも徐々に解消し、元気に仕事をする姿に受入企業も喜んでいます。
レクリエーションを企画した時などは、「温泉に行こう!」を提案しましたが、さすがに温泉だけは苦手なようで「これが日本と外国の習慣や文化の違いなんだ。」と私たちも納得致しました。
受入企業の中でも“素直で責任感も強く一生懸命に仕事に取り組む姿”を見ていると「昔の日本人は皆そうだったなぁ~」と私達自身も思い出し「頑張らなくては!」という気持ちを高める事が出来ました。
実習生たちと共に仕事をすることによって、気がつく事も多くあり、それが作業の改善につながる事もあります。

この制度では導入を頂く企業様・技能実習生、双方とも受け入れをする事での新しい発見・良い意味での影響などがあり、受け入れ企業様に大変喜んでいただいております。



日本語習得の速さに圧倒!
優しく柔らかい雰囲気で、現場でも人気者
  • 辞書を片手に、日々メキメキと日本語上達中!

技能実習生の受入して下さっている精密歯車製造業のO社。
常務取締役Iさんのハキハキと通る声が応接室に響きます。
「とにかく言葉が通じないのでは?という不安でいっぱいでした。しかし、創造していたよりは良かったですよ。もっと通じないのかと思っていたので、気が楽になりましたね(笑)最近の上達ぶりはすごいですね。現場でも辞書を離しませんから。なにかあったらすぐに『覚えよう!』と辞書をパラパラ。気迫とやる気が伝わります。」